鍼灸セルフケア

体調不良別おすすめツボ2

2018/04/06

 

この記事は体調不良別おすすめツボ1の続きです。

読まれてない方は、先にそちらをどうぞ。

体調不良の改善に使えるツボ。
症状別に紹介しています。

めまい対策

首の後ろから肩にかけて、ここらへんのツボは目・頭・耳に関する不調にとてもよく効く。

鏡で必死にツボの位置を確かめなくても、指で押して痛い部分に円皮鍼をペタペタ貼っていけばどこかのツボに当たります。
適当ですが(笑)

首の後ろがガチガチ、首を横に向けたときに浮き出る、耳の下から首筋に走る太い筋肉・胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)が凝っていると、頭痛・めまい・耳鳴り・難聴が起きる。

完骨(かんこつ)

頭部の血流を改善してくれる完骨(かんこつ)。
東洋医学における肝(かん)は、西洋医学の肝臓機能+全身の気の流れをコントロールする自律神経をつかさどる機能なんですが、完骨はこの肝の異常な亢進を落ち着かせてくれる。

頭痛・喉の痛み・不眠・精神安定・耳鳴り・めまい・中耳炎などを改善。

《ツボの場所》
耳の後ろの出っ張った骨・乳様突起(にゅうようとっき)の後ろにある窪み。

天容(てんよう)

めまい・耳鳴り・難聴・喉の痛み・喉の閉塞感(ヒステリー球)、寝違えて首の回らないときも天容(てんよう)のツボが効く。

個人的に、天容に円皮鍼を常に貼っておくと「めまい防止」になる。

《ツボの場所》
両耳の下、下あごの骨の後ろ。
胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)の前側のきわにある。
窪みに指を引っかけて押すと痛い。

頭竅陰(あたまきょういん)

頭痛・めまい・難聴・後ろ頭のこわばりや痛みを改善。

頭竅陰(あたまきょういん)は髪のはえぎわで円皮鍼が貼りにくいので、指圧するといい。

両手で頭をつかむようにして親指をツボに当て、左右同時に後ろから前にグッと押す。

《ツボの場所》
耳の後ろの出っ張っている骨・胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)の後上方の窪み。

乳様突起の先端を指の腹で見つけ、後ろ上方に辿ると、浅い窪みが見つかる。
押すと気持ちいい。

風池(ふうち)

頭痛・めまい・難聴・不眠・鼻炎・視力障害などを改善。

「風の邪気(風邪)が体内に入ってきて、池のように溜まるところ」という意味を持つツボなので、風邪のいろんな症状に効果があります。

《ツボの場所》
後頭骨の下、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)と僧帽筋(そうぼうきん)の間にある窪み。

髪の生えぎわ、左右外側の窪みで、一番へこんでいるところが風池。

太衝(たいしょう)

東洋医学における肝(かん)は、肝臓機能+自律神経をコントロールする機能。
肝経のツボである太衝は
めまい・頭痛・高血圧症・精神不安・冷え・胃腸機能の改善
――など、自律神経失調症に関する不調にはよく効く。

足の甲は冷たいので、お灸がおすすめ。

《ツボの場所》
足の甲、親指と人差し指(第2指)の骨が接する場所。

足臨泣(あしりんきゅう)きょう谿(きょうけい )

ともに胆経(たんけい)のツボ。

胆経は頭部にたくさんのツボを有しているため、足臨泣やきょう谿も、耳鳴り・めまい・難聴・頭痛(偏頭痛)などに効果があります。

メニエールの人にはおすすめツボ!
足は冷えるので、これらのツボにお灸をしましょう。

《ツボの場所》
足臨泣→足の甲、薬指(第4指)と小指(第5指)の接合部のところ。

きょう谿→足の甲、薬指(第4指)と小指(第5指)の間の「みずかき」のところ。

呼吸器系の症状改善

ここでは咳や痰など呼吸器系の症状を緩和するツボを紹介します。

以前、風邪をこじらせて肺炎になったことがあるんですが、咳や痰を改善するツボにお灸や円皮鍼を貼るなどしたら少しラクになりました。

12の経絡(体中にあるツボのネットワーク)の中で、手の太陰肺経(たいいんはいけい)を使用します。

尺沢(しゃくたく)

咳や痰、ぜんそく、喉の腫れや痛み、吐き気などに効く。

肺の気の巡りを改善し、肺を潤す。
(肺は乾燥が苦手)

上がった気を下げさせて、嘔吐を止める。

《ツボの場所》
肘(ひじ)を曲げたときにできるシワの上。
シワの真ん中に腱(けん)がある、その圏り親指側にずれたところ

※腱とは、筋肉を骨に付着させる仲介をになう、強力な結合組織線維束。

孔最(こうさい)

咳、痰、ぜんそく、喉の腫れや痛み、前腕痛、痔の痛みに効く。
肺の気を下降させる。

喉の熱を取り除く。

《ツボの場所》
尺沢(しゃくたく)から指4本分下のところ。

肺兪(はいゆ)

咳・ぜんそく・喉の痛み・鼻疾患・肩こりなどに有効。

肺の気を巡らせる。
肺の気を下降させて、ぜんそくなどの咳を止める。

円皮鍼やお灸を一人ではしにくいため、仰向けになって寝て、ゴルフボールなどを背中の下に挟んで刺激するといい。

背骨のきわには、腰から首のところまでずらりと内臓疾患に効くツボが並んでいる。

仰向けに寝て、背骨の両脇に挟んだゴルフボール2個を上下にころがして刺激したり、椅子に腰かけた状態で背もたれにゴルフボールを挟んで、背骨の両脇を上下に刺激したりするといい。

《ツボの場所》
背中、首に近いところ、肩甲骨の角と背骨の間にある。

背骨の両脇にある。

精神安定・動悸・不眠

私が東洋医学に興味を持ち、漢方薬・円皮鍼・お灸などの勉強を始めたきっかけは、パニック障害を克服したい、という切実な願いからでした。

自律神経失調症、交感神経⇒副交感神経に切り替えて体をリラックスさせるツボはたくさんあります。

個人的に効果があると思う、お気に入りのツボを紹介します。

神門(しんもん)

動悸・不眠・リラックス・失声症・狭心症などの心臓疾患にも効果あり。
神門の精神安定効果は高いと思う。

パニック障害で電車やバスに乗るさい頓服の抗不安剤が欠かせなかったんですが、円皮鍼を両手の神門穴に貼って外出すると、薬がなくてもパニック発作の動悸が起きません。

美容院、歯科治療、買い物でスーパーのレジに並ぶとき……予期不安対策にぜひ神門に円皮鍼を貼ってみてください。

《ツボの場所》
手の内側、手首のシワの小指側の端にあります。
コリッとした小さな豆のような骨があり、その骨のきわの窪み。

少衝(しょうしょう)

動悸・不眠・精神不安・心臓疾患・ストレスの緩和・神経性胃炎。

パニック発作の予期不安対策に役立ちます。

神門と同じ経絡(気の流れ)にあって、神門と同じ効果あり。

神門←円皮鍼を貼るといい。

少衝←小指の爪のはえぎわ、反対の人差し指と親指で左右から挟んでキュッと強く締めつけたり、グリグリ揉んだりするといい。

以前雑誌で読んだのですが、ツボに詳しい歯医者さんが歯科治療の前に患者さんに小指のマッサージをしたら、患者さんがリラックスして治療がしやすくなった、と。

夜、布団に入ったとき、小指の爪の生えぎわを揉むようにしたらいいかも。

心地よい眠りを得られるかもしれません。

《ツボの場所》
小指の爪の生えぎわ。
薬指側にあります。

膻中(だんちゅう)

精神疲労に対する癒し効果・自律神経失調・不安感・不眠・咳・喉の痛み・胸の痛みや胸苦しさ・息切れ・乳腺炎にも効果あり。

精神的なストレスがあると、膻中を押すと痛みを感じる。

鍼灸師さんのブログでパニック発作を治めるツボとして紹介されてました。

息を吐きながら、親指の腹でだん中を3秒ほど指圧し、息を吸いつつ約3秒間離します。してまた3秒押す――この作業を10~15回程度繰り返す。

次第に動悸が落ち着いてくると思います。

私は息苦しいとき、円皮鍼を貼ったりします。

《ツボの場所》
胸の真ん中、左右の乳首を結んだ線の中央。
正中線(体の中心を通る線)の上にある。

私が愛用の、かぶれにくい円皮鍼
パイオネックス100本入り 0.6mmイエロー
肌が弱い人も使用できるのでオススメです(*^ω^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SEIRIN(セイリン) パイオネックス100本入り 0.6mm

新品価格
¥1,817から
(2017/7/20 16:09時点)

 

-鍼灸セルフケア
-, , , , , ,